FC2ブログ

48の館 2号館

AKBGの握手会完売情報、スキャンダル情報等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AKBG - 売り上げの増減を分析してみる ②NMB編

続いてNMBの売り上げ分析




■売り上げ増減に大きく関わる基本事項■

・リリース間隔=前回リリースから期間が空くほど売れやすくなる。
・握手日程(時期)=予約から握手会までが近いほど売れやすくなる。
・握手日程(部数)=部数が多いほど売れやすくなる。
・通常盤の種類=3種が一般的だが、2種だったり4種だったりすることもある。種類が増えれば当然売り上げも増える。
・写メ会/サイン会=プラスαでの売り上げが見込める。(ただし、そのぶん握手売上は減少するので売った分だけ単純増加にはならない)
・当日券=個別握手会当日に購入出来るシステム。予約購入する必要が無くなるため、初週の売り上げが落ちる。SKEだけのシステムで、AKBやNMBが行っている予約当日券とは別。





【NMB48】
   絶滅黒髪   オーマイガ-    純情    ナギイチ   ヴァージニテイ   北川謙二  ユリイカ  カモネギ   高嶺林檎
   11/07/20 11/10/19 12/02/08 12/05/09 12/08/08 12/11/07 13/06/19 13/10/02 14/03/26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---  ---,---
火  131,654  172,474  280,367  231,200  269,386  259,984  420,906  270,447  368,719
水  *15,719  *16,951  *18,903  *21,837  *17,346  *20,056  *23,167  *16,750  ***,***
木  **7,532  **7,738  **7,238  **9,777  **8,198  **9,744  *10,421  **8,155  ***,***
金  *50,240  *54,872  **5,172  **8,177  **6,053  **6,930  **8,012  *66,762  ***,***
土  **3,736  **4,437  *11,005  *91,990  **4,239  **6,682  **7,975  **4,559  ***,***
日  **3,751  **3,782  **3,272  **5,428  **3,220  **4,852  **5,568  **4,132  ***,***
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
計  212,632  260,254  325,957  368,409  308,442  308,248  476,049  370,805  368,719
週  218,441  265,435  329,438  375,785  315,205  317,051  481,843  374,644  ***,***
累  267,810  325,784  376,563  451,489  396,543  410,269  558,892  506,653  ***,***




━━━【NMBの戦略】━━━
自社レーベルのため採算が取りやすく、握手会の開催数は多め。
しかし写メ会やサイン会をやったりやらなかったりランダムだったり、コンサートの開催数やDVD発売数が多かったり、ミニ握手会を開催したりしなかったりなど、実質的な増減を把握しにくい一面があります。
オリコン記録や見た目の増加にあまりこだわらないのも特徴的。

吉本なのでメディア仕事には強いですが、関東での露出は控えめで、関西の小さな仕事でコツコツ積み上げていくスタイルのようです。





【絶滅黒髪~ナギイチ】
絶滅黒髪少女はランダム写メ会がメインで、握手会は上位メンのみ参加。
通常盤が2種しかなく、売り上げは少なめ。

オーマイガーでは指名写メ会2日間になり、大きく数字を伸ばします。
スキャンダルによる上位メンの謹慎や選抜落ちなどマイナス面もありましたが、指名写メ会に加えて当時放送されてた冠番組の効果も大きかったと思います。
通常盤もここからは3種です。

純情U-19ではランダム写メ会に戻りましたが、握手会が個別で全員参加になりました。
それを考えてもかなりの伸び幅だと思います。

ナギイチではまた指名写メ会になり、開催数も2日間+追加開催1日に増加。即売のミニ握手会も開催。
そのため大幅に増えたように見えますが、実際はそこまでではなく順当に増えた形です。
嵐と発売日を被せたこともあり、オリコン1位記録はここで終了。


【ヴァージニティー~ユリイカ】
ヴァージニティーはミニ握手会こそやってないですが、ナギイチとほぼ同条件の指名写メ会3日間で初の減少。
ミニ握手会の分を差し引いても減少した可能性が高いです。
歌謡曲のような暗い曲調がかつてないほど不評で通常盤の売り上げが落ちたことや、写メ会を続けたことで価値が下がり需要が減ってきたこと、スポンサーコラボ企画の開催によりそちらに金が流れたことなどが考えられます。

北川謙二の数字は横ばいですが、初の写メ会無しでのシングル。握手の部数は最大28部→最大36部
曲自体のインパクトもありカラオケランキングにも入るなど通常盤の売り上げも好調で、握手の部数が増えたとはいえ実質的にはかなり増加したと言えます。

ここでリリース間隔が空きますが、間にアルバム発売が入ります。
値段が違ったり通常盤の握手会が無かったりでシングルとの比較は出来ませんが、劇場盤の握手会は36部あり、前後のシングルにそれほど影響は及ぼしてないと思われます。
また、ここでランダムサイン会という新しい試みが導入されます。

ユリイカではナギイチ以来のミニ握手会が復活。以前と開催数は同じですが、会場数が増えて参加しやすくなりました。
そのかわり劇場盤は最大30部に減りましたが、4期生の初握手特需やランダム写メ・ランダムサイン会の好評もあり大幅増。
様々な増加条件があるので見た目の数字ほどの人気増ではないですが、順調に増えたことは間違いないと思います。

また、この年から年3回リリースに減っており、リリース間隔も少し増えることになります。


【カモネギックス~高嶺】
カモネギックスは握手会日程が遠く、年をまたいでの4~5ヶ月後開催という支店では珍しい設定。部数は最大30部で継続。
写メ会・サイン会は継続ですが、ミニ握手が無く、さらに大箱コンサートも重なり、リリース間隔も短めで、曲も不評だったことで初週が大幅減になりました。

しかしNHK紅白での披露に加えて再販を繰り返したことで、累計は50万枚を突破。
ミニ握手を考慮すると、実質的にはほぼ横ばいか微減程度の売れ行きだったことがわかります。

最新作の高嶺は握手日程が増加し、部数は最大35部に増加。サイン会は無しですが、珍しくリリース間隔がやや長めだったことから初週の売り上げが好調になったと考えられます。
ただ、そのぶん累計が伸びる要因はあまり無く、高額なライブDVDの発売もあるので、50万枚弱で収まるのではないかと思います。



【今後の推移は?】
見た目の数字の変動は大きいですが、ヴァージニティー以外は減少と言えるような例が無く、まだ安定しています。
大組閣やスキャンダルの影響もあり次回作以降がどうなるかはわかりませんが、もともとファン層が幅広く、パフォーマンスに力を入れてきたことからそれほど大きくは変わらないのではないかと予想しています。




関連記事
  1. 2014/03/27(木) 08:16:49|
  2. 雑感・分析
  3. | コメント:0
<<AKBG - 売り上げの増減を分析してみる ③HKT編 | ホーム | AKBG - 売り上げの増減を分析してみる ①SKE編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

更新情報

最新記事

カテゴリ

【AKBグループ先輩後輩一覧】 (1)
過去の内容保管庫 (96)
★握手会完売状況AKB★ (25)
★握手会完売状況SKE★ (7)
★握手会完売状況NMB★ (15)
★握手会完売状況HKT★ (7)
★握手会完売状況乃木坂★ (10)
ライブ会場座席数まとめ (1)
♂♀48スキャンダル♀♂ (2)
人物相関図 (1)
雑感・分析 (16)
未分類 (0)
第五回AKB総選挙 (9)
第六回AKB総選挙 (4)
第七回AKB総選挙 (3)
第八回AKB総選挙 (4)
AKBスキャンダル (1)
SKEスキャンダル (1)
NMBスキャンダル (0)
HKTスキャンダル (1)
乃木坂スキャンダル (1)
欅坂スキャンダル (1)
NGTスキャンダル (1)
ハロプロスキャンダル (1)
第十回AKB総選挙 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。